アグナコトル カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.5

カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.5 アグナコトル 海竜種 炎戈竜  
火山に生息している海竜種で、ウロコトルの成体。
発達した嘴で「カチカチ」と特徴的な音を鳴らす。回転動作で岩盤を掘削するだけでなく、炎戈という別名のようにピッケル(戈)のように直接岩盤にぶつけるだけで容易に穴を開けて溶岩に潜ることが可能となった。これにより積極的に溶岩に潜り、溶岩の中を縦横無尽に泳ぎ、地中や天井に潜って奇襲攻撃をかける。主食はリノプロスで、リノプロスの甲殻であろうと嘴で内部の肉をほじくり出して食べてしまう。
身体には複数の窪みがあり、そこには溶岩の高熱からも身を護る特殊な粘液が張り巡らされている。
常に溶岩の中を進むため、全身に溶岩をまとっている。この溶岩は時間が経つと冷却して硬質化し、どんな攻撃も弾いてしまう。再び地中に潜るか、溶岩地帯に入ると溶岩も軟化するため、主に地中に出た瞬間や溶岩地帯から出た所を攻撃する事で効率的な狩猟が可能になる。また火属性の攻撃やガンランスの砲撃などにより肉質を軟化させる事も出来る。
溶岩の中を潜るだけでなく、背ビレだけを出しながら高速で体当たりしたり、イルカのように地中から飛び出て急襲することもできる。ハンターには行ってこないが巻き付き攻撃を行うこともできるらしく、MH3Gのブラキディオスの生態ムービーにおいて、ブラキディオスとの対決シーンでその姿を見せた。
口からはグラビモスの様な熱線を吐き、MHP3の上位では剣を振り回すかの如く、前方から右側面までをなぎ払う攻撃を繰り出す。
MHP3より亜種が登場。凍土に生息し、原種とは異なり、氷塊を身に纏っている。氷塊は堅いが原種と同様、火属性の攻撃やガンランスの砲撃などによって軟化させる事が可能。
原種同様ブレスは吐くが、熱線ではなく強烈な水流ブレスを武器とする。
テーマ曲「大山、鳴動す」
「大山、鳴動す」は、新大陸の火山(MH3以降)での狩猟時に大型モンスターと遭遇した際の汎用BGMとしても使用されている。
・「モンスターハンターのモンスター一覧」(2012年5月5日 (土) 04:32‎ UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。 http://ja.wikipedia.org
 
  • カテゴリー

  • サイト内検索

PAGE TOP ↑