ディノバルド(怒り状態) カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデルPlus Vol.5

ディノバルド(怒り状態) カプコンフィギュアビルダー モンスターハンター スタンダードモデルPlus Vol.5 ディノバルド(怒り状態) 獣竜種 斬竜  
古代林と呼ばれる太古の生態系を色濃く残した環境で生きている獣竜種。一部に青が混じった赤銅色の鋭利な甲殻と背中から前方に向かって伸びる無数の突起が特徴で、頭部の目の上辺りにはカルノタウルスを彷彿とさせる角が生え、その顔も鬼のように厳しい。肉食性で非常に獰猛かつ好戦的な性格をしており、一度狙った獲物は絶対に逃さないと言われている。その身体的特徴と後述の攻撃方法から、ハンターズギルドでは「斬竜」と称される。さらに後述の性質から「灼熱の刃」の異名を取る。 他の獣竜種と同様、発達した後脚で巨体を支え跳躍を行うなど驚異的な運動能力を有しており、加えて獣竜種の中でも非常に長い荒々しい大剣のような形状の尻尾を持ち、戦闘時にはこれを振り回して相手を攻撃する。しかもこの尻尾の青い部分には発火性の強い鉄分が多く含まれていることから地面との摩擦で熱を帯びて赤熱化するという性質があり、これによって尻尾攻撃の威力をさらに上げることが可能になる。その一撃は大地を穿つほどで、他にも地面に擦りつけながらなぎ払う、そして尾を口で咥えてそれを離した際の反動を利用して身体をコマのように回転させながら相手に斬りかかるなど斬竜の名の通り様々な戦法を駆使し、その戦闘能力は他の獣竜種と比較しても計り知れないと恐れられている。この尻尾の刃は攻撃に使う度に煤が付いて切れ味が落ちてしまうとされるが、そうなると尻尾を口で咥えて自身の顎と牙を使って刃を研いで手入れを行い、切れ味を回復させるという行動を取る。 また喉元に強力な熱エネルギーを発生させる「火炎嚢」と呼ばれる器官があり、喉元がうっすら赤く光る様子が確認できる。口内には炎がゆらめき、これを口元に移動させ噛み付くと同時に火炎を吹きかけるなど応用する他、尻尾を研ぐ際に取り込んだ嚢内に取り込んだ煤や塵を加熱させナパーム弾の如くブレスとして吐き出す攻撃を繰り出す。このブレスは着弾からしばらくは炎を上げながらその場に留まり、時間差で大爆発するという危険かつ強力なもの。また、この状態で頭部を攻撃し怯ませることで喉元にある熱エネルギーを暴発させ、ダウンさせることができる。 また、原種とは別に二つ名持ちモンスターと称される特殊個体モンスターも登場する。
・「モンスターハンターのモンスター一覧」(2016年2月14日 (日) 19:12 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。 http://ja.wikipedia.org
  • カテゴリー

  • サイト内検索

PAGE TOP ↑