ジンオウガ(超帯電状態) カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター 怒りVer.2

ジンオウガ(超帯電状態) カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター 怒りVer.2 ジンオウガ 牙竜種 雷狼竜  
オオカミに似た姿をした牙竜であり、「無双の狩人」と呼ばれている。 起伏の激しい山林に生息しているため、鉤爪は鋭く、四肢は強靭に発達しており、頭部には二本の角を持ち、周りを見渡す際は左右に首を傾ける癖がある。 渓流に現れたジンオウガは以前は霊峰を縄張りとしていたが、その霊峰にアマツマガツチが現れるようになったため、住処を追われてユクモ村のある渓流付近に降りてきたとされる。 MHP3序盤の村長クエストにおいて早い段階で乱入モンスターとして登場するため、初めてジンオウガに遭遇すると「非常に危険なモンスター」であると警告され、狩猟が困難な場合はユクモ村に戻るようプレイヤーに対しメッセージが表示されるが、狩猟する事も可能である。 動き自体は非常にスピーディーかつアクロバティックであり、両爪による攻撃やタックルなどの強靭な前足での連続攻撃や、空中で宙返りしつつし尻尾を叩きつけるといった自身の体を駆使した攻撃に加え、雷光虫を飛ばしたり、遠吠えしながら雷光虫を体に纏い、放電しながら「超帯電状態」に移行する(遠吠えの際は攻撃を当て、怯ませる事で妨害可能)等、トリッキーな攻撃方法も得意とする。ちなみに超帯電状態時は圧倒的なその攻撃性の代償として、肉質が軟化するという弱点をもつ。 超帯電状態になるとスピードの上昇と同時に、角と体の一部の外骨格が起立するなど体の一部と攻撃パターンが変化し、攻撃時には電撃を帯びるようになり、雷属性やられ効果が付加される。ハンターが雷属性やられの状態で攻撃を喰らうと気絶しやすくなってしまう。超帯電状態は攻撃により怯ませる度に次第に弱まっていき、最終的には解除ができる。転倒時に虫あみを使うとジンオウガによって活性化した「超電雷光虫」が採取できるほか、わずかながら蓄電量を減少させることができる。 雷光虫とは相利共生の関係にあり、雷光虫は天敵のガーグァから身を守る為、ジンオウガは自身の放電能力を高める為に蓄電能力と共に超帯電状態を得ている。 G級の個体は、原種亜種共に、頭の突き上げを間髪入れずに行ってくる。 疲労状態になると、他のモンスターと同様に小動物の捕食や時間経過での休息による回復を図るが、ジンオウガはその他に前述の「超帯電状態」に移行することでも疲労の回復を行うことがある。 MH3Gでは黒い甲殻の亜種が登場。「蝕龍蟲」という龍殺しの実を好む甲虫を集める習性があり、その龍属性エネルギーを使うことで尋常ならざる力を発揮する。そのエネルギーの影響で、高温や極寒の環境下でも活動を可能としてる。戦闘時は、龍属性のエネルギーを赤黒い電撃として放出し、エネルギーの充填と同時に一部の龍エネルギーを放出して充填中の隙を補う、ハンターを追尾して飛んでいく蝕龍蟲の塊を放つなど、原種には見られなかった攻撃を多数見せる。龍属性エネルギーが最大まで充填されると、原種における「超帯電状態」に相当するする「龍光まとい状態」となり、攻撃能力の強化と代償に防御能力が低下した原種とは逆に、肉質が硬化して、龍属性エネルギーをまとった背中はハンターからの属性ダメージを全て無効化してしまうなど防御面も強化される。 MH4では噛みつき攻撃の直後に尻尾を打ちつける攻撃を繰り出すなど、全体のモーションが見直されている。原種の上位個体は超帯電状態での叩きつけの回数が減った代わり、電撃をチャージするモーションが追加されてより強力なものになっている。亜種は蝕龍蟲の塊の射出速度が格段に向上していが、その反面攻撃の追尾性は低下している。 特定のダウンロードクエストでは、最大金冠確定のジンオウガ亜種が出現し、攻撃力、防御力が異常なまでに強化されている。
・「モンスターハンターのモンスター一覧」(2014年9月12日 (金) 04:32‎ UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。 http://ja.wikipedia.org
  • カテゴリー

  • サイト内検索

PAGE TOP ↑