イャンガルルガ カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.1

イャンガルルガ カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.1 イャンガルルガ 鳥竜種 黒狼烏  
尖った大きな嘴と襟状の耳飾を持つ飛竜の一種。イャンクックに似た姿をしているが、全身が紫色の甲殻に覆われ、棘などが発達しているため攻撃的に見える。また、尻尾の先端には猛毒を持つ。嘴を用いたついばみ攻撃に加え、サマーソルトや炎のブレスの3連射など、イャンクックとリオレイアを掛け合わせたようなモーションを繰り出す。 その存在が知られていなかった頃は、イャンクックあるいはその亜種と誤認され、「イャンクックの討伐」依頼で本種に出くわすこともあったといわれる。 非常に好戦的な性格で、自らイャンクック等の縄張りを侵して殺戮を行うこともある。その性格および行動ゆえに生傷が絶えず、傷を負った外見で登場する。MHP2Gでは全く傷のない個体が出現するクエストもある。こちらは傷のある個体に比べて一部の肉質は軟らかく、比較的怒りにくいという特徴があり、危険度はやや低い。 甲殻などの肉質が全体的に硬い。知能が高く、ブレスの射程から逃げようとするハンターに対して、ブレスを目の前の地面に向かって撃つことで爆発に巻き込ませようとする行動も見られる。また、傷のある個体は、非常に怒り易く、体力が少なくなるとハンターが数撃加えただけで怒り状態になるので、後半はほとんど怒り状態で戦うことになる。怒り状態では瞬発力や狡猾さにも磨きがかかり、落とし穴にかかっても穴に引きずり込まれる前に脱出してしまう。 MHPではMH2との連動で登場し、こちらは討伐を重ねるごとにサイズや体力が上昇していく。 MHP2ではイャンクックを10頭以上討伐すると登場。MHPの頃に比べると甲殻が柔らかくなったが、飛竜種全体で見れば硬い甲殻を持つ。MHP2では上位クラスのイャンガルルガは出現しないが、MHP2Gでは上位以上も登場し、G級では二頭同時のクエストが存在する。 特異個体は咆哮が超高級耳栓でないと防げなくなり、咆哮しながらの突進や、咆哮しながら上空に舞い上がって動けなくなっているハンターにブレスを浴びせかけるなど、咆哮を多用するようになったほか、サマーソルト攻撃では尻尾から多量の毒液を噴出する。また、翼爪や背中の棘などがより大きく、鋭利になっている。 テーマ曲「唸る一匹狼」(MHP〜MHP2G)
・「モンスターハンターのモンスター一覧」(2012年5月5日 (土) 04:32‎ UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。 http://ja.wikipedia.org
 
  • カテゴリー

  • サイト内検索

PAGE TOP ↑