ブラキディオス(怒り状態) カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター 怒りVer.2

ブラキディオス(怒り状態) カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター 怒りVer.2 ブラキディオス 獣竜種 砕竜  
MH3G、MH4に登場。MH3Gを代表するモンスター。 火山、凍土に生息する大型の獣竜種。黒い光沢を放つ群青色の胴体に、棍棒状の頭殻が前へ大きく突き出た頭、そして甲殻で覆われた頭頂部と同じような形状の逞しい前脚が特徴(指はある)。身体が黒光りする理由は、甲殻に黒曜石が含まれているためであり、かなりの強度を持つ。ガラス質の鉱物である黒曜石が外皮となっているのは、生息する火山の地熱や後述する共生粘菌の爆発熱などによって、ブラキディオス本来の鱗や付着した鉱石が融解・複雑に化合しているためである[13]。尻尾の先端は、巨大で鋭利な骨の塊が付いた棍棒状の武器となっている。 腕と頭に蛍光色の粘菌を付着させていて、この粘菌はブラキディオス本体から離れると一定時間で爆発する性質があり、殴りつける際にこの粘菌を相手に擦り付け、爆発による追加ダメージを与える。その威力は驚異的で、アグナコトルすらも粘菌の爆破で沈黙させるほど。定期的に腕を舐めまわす動作を行うが、これはブラキディオスの唾液に粘菌を活性化させる成分が含まれているためとされ、実際にもこの動作後は腕の粘菌が増殖する。普段目視できないが、粘菌は腕と頭部だけでなくブラキディオスの全身の甲殻に生息しており、怒り状態になると唾液の成分が揮発することで全身の粘菌が活性化し[13]、腕と頭のみならず、全身がより黄色がかった色になる。 ブラキディオスと粘菌は共生関係にあり、粘菌はブラキディオスに付着することで爆発による胞子の拡散以上の距離を移動することができ、ブラキディオスは粘菌を爆発物として武器にしている。爆死しつつばら撒かれた粘菌の胞子はブラキディオスに踏まれると瞬時に発芽して、変形体となり頭部や腕に移動する。なお、頭殻と腕の棍棒状部位の内部は、粘菌の住処と打撃時の衝撃を吸収するクッションを兼ねたケラチンの格子構造となている[13]。 この粘菌の付着した腕を地面や対称に叩きつけながら機敏に動き回り、地面に突き立てた腕を軸に高速で旋回するという動作も行う。怒り状態になると活性化した粘菌を活かして、瞬時に爆発する拳打や、頭部から爆風、周囲一帯へ爆発を巻き起こすといった技も見せる。 MH3Gでは今作初登場となる状態異常の爆破属性を唯一持っているモンスターであり、腕と頭の攻撃を食らうと爆破やられになり数秒後にハンターが爆発、大ダメージとなる。爆破やられは回避行動または消臭玉の使用で解除できる。 MH4ではノーモーションから繰り出される攻撃が追加されており、MH3Gの時と比べてさらに隙が無くなっている。 特定のダウンロードクエストでは、最大金冠確定の強力なブラキディオスが出現し、攻撃力や防御力が格段に上昇している他、何らかの攻撃(ハンターの攻撃やアイテム、他の小型モンスターの攻撃など)が加えられただけですぐに怒り状態になるという特徴を持つ。 テーマ曲「剛き紺藍」
・「モンスターハンターのモンスター一覧」(2013年10月10日 (日) 23:18 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。 http://ja.wikipedia.org
 
  • カテゴリー

  • サイト内検索

PAGE TOP ↑