ネルスキュラ カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.8

ネルスキュラ カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.8 ネルスキュラ 鋏角種 影蜘蛛  
クモのような姿をしたモンスター。腹部の先端から糸を出し、それを用いて特定の縄張りに広大な巣を作り、迷い込んできた獲物を捕食するという生態もクモと似ている。 背中から飛び出している巨大な水晶のような部位があるが、これは毒腺で、逆さまになっているとそこから睡眠性の毒液を滴らせてくる。さらに口の中には毒が仕込まれた非常に長い顎が隠されている。 食欲旺盛であり、捕らえることができればゲリョスのような大型モンスターでも捕食してしまうとされ、ネルスキュラの生息域では、周辺地域の村人や家畜が気づかずに巣に進入してしまい、そこでネルスキュラに襲われたという被害が多数報告されている。基本的に巣の周りから離れることはないが、巣を変更する際に移動することがあり、思いもよらない場所で遭遇することもある。 腹部より糸玉をハンターに投げつけてハンターをがんじがらめにしてその動きを奪い、その後で毒の顎や腹からの吹き出す睡眠液でハンターを仕留めようとする。また、捕らえた獲物から得たものを活用する習性も持っており、餌としたゲリョスの翼・皮膜を纏うことで擬似的な翼を得て滑空移動を行うことができ、強靭な剛性を持つ糸をロープ代わりにして離れた場所でも瞬時に移動することが可能になっている。 上述の通りゲリョスの皮をまとっているため、身体は全体的に黒く見えるが、実際は白い体表をしている。
・「モンスターハンターのモンスター一覧」(2013年9月30日 (月) 04:32‎ UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。 http://ja.wikipedia.org
 
  • カテゴリー

  • サイト内検索

PAGE TOP ↑