ジエン・モーラン亜種 カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.8

ジエン・モーラン亜種 カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.8 ジエン・モーラン 古龍種 霊山龍  
砂海に出没する巨大龍。背中の山脈のような甲殻と口元から伸びた巨大な牙を持つ。ラオシャンロンに匹敵する巨体であるが、四肢は短い。 大型船以上の巨大な体で砂上を自由に動き回る事ができ、砂中に一旦潜ってから船を飛び越す程の大ジャンプを見せることがある。普段は砂漠を泳ぎながら移動し、同時に砂中の有機物を飲み込んでいるデトリタス食の古龍とされる。このおこぼれを狙ってデルクス達が周りを取り囲む事がある。 大砂漠の砂嵐と、ジエン・モーランが吐き出す大量の砂によって、周囲の砂の流れが不規則になるため、通常の砂上船は航行が制限され、ジエン・モーランの撃退・討伐にはフレームの強固な撃龍船が使用される。 また、ガレオスやデルクスと同様に強力な音を苦手とし、音爆弾は通じないものの、船に近づいた際は用意された巨大な銅鑼を鳴らすことでひるませることが出来る。 その巨体をハンターたちが乗る撃龍船にぶつける、長い牙を振り回すなどの攻撃だけでなく、背中に堆積した岩を飛ばしても攻撃してくる。この岩のうち、1つはハンターを狙ってほとんどピンポイントで飛んでくるため、遠距離にいても油断はできない。 最初は砂上船の上からバリスタや大砲などで攻撃したり、背中に乗って攻撃することになる。最終エリアでは背後のロックラックの街への進行ルートを阻止するように撃龍船が停泊しており、ジエン・モーランから船を守りながら戦う事になる。 ラオシャンロンの様に背中に乗る事ができ、鉱石を採掘する事ができる。 ロックラックの街では砂嵐が発生することがあるが、この砂嵐とともに街の近くにジエン・モーランが出没する。他の古龍同様、天災と同等に恐れられているが、砂漠では手に入りにくい希少な鉱石をもたらしてくれる「災厄と豊穣の象徴」でもあるため、「峯山龍狩り」は祭りとされ、街の一般の人々は避難しているが、ギルド関係者は祭り気分で盛り上がっている。 MH3では、オンラインのみ出現するモンスターで、イベントクエストとして狩りに赴くこととなる。オンライン専用のため、チャチャを連れて行くことはできない。 MHP3およびMH3Gではオトモ達を連れて行くことが出来る。オトモアイルーないしチャチャ・カヤンバは通常の攻撃行動以外にハンター同様に大砲やバリスタの弾を採取し、砲撃による攻撃ができる(大砲やバリスタの攻撃力を上昇させる専用オトモスキルもある)。ただしオトモ達はジエン・モーランの背中に乗ることができないので、採掘はできない。 いずれも、下位の場合は撃龍船ステージで一定ダメージを与え、撃退することでクエストクリアとなるが、上位の場合(MHP3では村長クエストの場合も)は撃龍船ステージで一定ダメージを与えると決戦ステージに移行し、討伐するか一定ダメージを与えた上で時間切れになると撃退となりクエストクリアになる。 G級クエストで追加される行動として、決戦ステージでは大量の空気と砂を吸い込み、竜巻状の砂嵐ブレスとして吐き出してくる。 装備の名称は「大和」(男性剣士)「陸奥」(男性ガンナー)「日向」(女性剣士)「天城」(女性ガンナー)とそれぞれ異なり、一式装備した姿は日本の鎧武者のような姿になる。ちなみにオトモアイルーのオトモ装備は足軽風の装備となる。 MH3Gでは亜種が登場。闇夜にきらめく透きとおった水晶のような紫色の結晶をまとった外観から、神秘の象徴として畏敬の念を集めている。亜種からは、「霊水晶」と呼ばれるこの個体からしか採掘できないとても希少な素材が手に入る。原種よりも積極的にのしかかり等で船を襲い、決戦ステージでも原種と遜色ない破壊力を発揮する。 テーマ曲「砂海に浮かぶ峯山」(撃龍船ステージ)、「迎え撃つ大銅鑼」(決戦ステージ)、「英雄の証」(決戦ステージにて撃龍槍を命中させた時、一定時間流れる)
・「モンスターハンターのモンスター一覧」(2012年5月5日 (土) 04:32‎ UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。 http://ja.wikipedia.org
 
  • カテゴリー

  • サイト内検索

PAGE TOP ↑