ドスランポス・ランポス カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.7

ドスランポス・ランポス カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.7 ドスランポス・ランポス 鳥竜種  
ランポスの群れのリーダー。大柄な体格と赤いトサカが特徴。前肢、後肢の爪も大きく肥大化し赤くなっている。 森と丘での戦闘では、戦闘時に3頭のランポスを呼び出していた。子分であるランポスは、ドスランポスの呼び出しがあるまでテリトリー内の所定位置で待機している。MH2以降は戦闘場所が密林へと移行したため、この習性は見られない。 ドスランポスをはじめとしたランポス系モンスターの群れのリーダーとなる者は、耐久力などが通常の個体を大きく上回っている。またダメージを受けて追い込まれるとエリアを移動して体勢をたてなおすなど、知能も高い。 特異個体は飛びかかり攻撃の着地時に振動が発生、ジグザグステップしながらの4連続体当たりや尻尾なぎ払いなどを繰り出し、閃光を浴びると激しく抵抗するする上に、攻撃力が異常なまでに上昇しており、その狩猟難易度は鳥竜種のみならず全モンスター中でも屈指の高さになっている。また、トサカの形状が通常の個体と異なり、尻尾も太い。 変種はフォワード.2以前はハンターの攻撃が容易に弾かれてしまうほど肉質が硬かったが、フォワード.2以降は肉質が大幅に軟化し、攻撃力が剛種に匹敵するほど高くなっている。
・「モンスターハンターのモンスター一覧」(2012年5月5日 (土) 04:32‎ UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。 http://ja.wikipedia.org
 
  • カテゴリー

  • サイト内検索

PAGE TOP ↑