ウラガンキン亜種 カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.6

カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデル モンスターハンター Vol.6 ウラガンキン亜種 獣竜種 鋼鎚竜  
火山に生息する、鈍い黄金色に輝く鱗と突起状の甲殻に覆われた大型の獣竜種。
爆鎚竜の別名の通り、ハンマーのように発達した巨大な下顎を持ち、これで岩塊を砕いて採取した鉱物を主食とする。戦闘の際は下顎でを叩きつけるようにして攻撃してくる。外殻はマグマをものともしない耐熱性を持ち、その身体に溶岩や火薬岩を擦り付けており、尻尾についている火薬岩をばら撒き、顎を打ちつけて起こした震動で起爆させることができる。意図的に鉱物を擦り付ける理由は異性へのアピールや非常食など諸説あるが、はっきりしていない。転倒した際には、腹部及び背中から採掘が出来る。
移動の際には身体を車輪状に丸め、転がるようにして移動する。エリアによってはいったん高台に登り、そこから加速をつけて転がってくることもある。
代謝の一環を兼ねて体外にガスを放出することができ、睡眠ガスや高熱ガスを周囲に放出する攻撃も行う。
同種同士で体をぶつけ合わせる行動が確認されている。この行動は雌を巡る雄同士の戦いと思われるが、繁殖期以外でも目撃されているためか、単にじゃれあっているだけなど様々な説がある。
MHP3より亜種が登場。鋼鎚竜と呼称されており、全体的に灰青色で顎の部分が赤い。
食性の違いから体内で生成されるガスの悪臭が強く、それらを岩石に染み込ませて飛ばしてきたり、その場で放出したりする。また討伐してもガスの放出は消えない為、剥ぎ取り中に悪臭状態になってしまう事もある。
特定のクエストでは単独で高さがハンターより小さな個体が出現する。また、MHP3の特定のダウンロードクエストでは、同じく小さなクルペッコ亜種が小さな個体を呼び出すことがあり、MH3Gではこの小さな個体がラングロトラとセットで登場するイベントクエストがある。MH3の該当クエストでは専用のテーマ曲があり、MH3 オリジナルサウンドトラック[Disc1]の最後に隠しトラックとして収録されている。
・「モンスターハンターのモンスター一覧」(2012年5月5日 (土) 04:32‎ UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。 http://ja.wikipedia.org
 
  • カテゴリー

  • サイト内検索

PAGE TOP ↑